病院勤務と薬局勤務の違いについて

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 病院勤務と薬局勤務の違いについて

病院勤務と薬局勤務の違いについて

薬剤師が活躍する場は以外に広く、製薬会社や大学、医療薬品販売業など様々なところで働く薬剤師を見ることができますが、やはり今でも薬剤師の就職先の過半数を占めるのが薬局で、次に多いのが全体の2割ほどを占める病院勤務です。では薬局勤務と病院勤務、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

その大きな違いの一つは、患者さんとの接点です。薬局の場合、不特定多数の患者さんが来店し、それぞれの症状や希望に即して薬を選び、服薬指導を行います。調剤薬局の場合には提携している病院から処方箋を受け取った患者さんが来店し、その処方に基づいて薬を調剤、服薬指導をして販売します。大抵の場合同じ患者さんと接してその経過を見守るということはなく、1〜2度接しただけで終わってしまいますから、患者さんのメンタル面の世話などは必要なく、自分の選んだ、あるいは調剤した薬が実際に患者さんにどのような影響を与えどのように回復していったのかについて知る機会も殆どないでしょう。いわば広く浅く患者さんと接するのが薬局勤務ということになります。

一方、病院勤務では一人ひとりの患者さんに対して、医師の処方箋に従って調剤し、服薬指導を行い、回復に至るまでをサポートします。薬剤師も医師や看護師と同様その治療チームの一員であり、必要であれば医師や看護師にも薬剤師としての見解を伝え、患者さんの病状の変化にも対応していかなくてはなりません。患者さんと深く関わりあうことになりますから、時にはメンタル面でのケアが求められる場合もあります。しかし対応しなければならないのは病院に通院する、あるいは入院する患者さんのみということになりますから、いわば深く狭く患者と接するのが病院勤務ということになるわけです。

一般に、深く狭く患者と向き合い、医師や看護師との連携も図らなければならない病院勤務の方が、薬局勤務と比べると仕事内容がハードになりがちです。その上薬局薬剤師の方が病院薬剤師より年収がやや高くなる傾向にあります。しかしそれでもあえて病院勤務を選ぶ人が少なくないのは、それだけ患者さんと深く接し命を救うというやりがいのある仕事ができるということ、また病院内の全ての医薬品を扱い医療の一部として直接的に関わることになるため、スキルアップが望めるという点が魅力だからでしょう。また臨床の最前線で働くことになるため最新の薬学知識に常に触れることができるため、薬剤師として更なる成長が期待できるのです。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.