病院薬剤師の仕事内容をチェック!

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 病院薬剤師の仕事内容をチェック!

病院薬剤師の仕事内容を確認してみましょう

薬剤師としての勤務先は調剤薬局やドラックストア、製薬会社など幾つかあります。その中でも医師や患者さんと近い距離にあり、医療に直接かかわる機会が多いのが病院勤務の薬剤師です。病院勤務の薬剤師にとってメインとなるのは調剤、製剤業務です。病院に来院され診察を受ける患者さんへの外来調剤業務と入院患者さんが使用する入院調剤業務があります。どちらの場合も医師が処方する処方箋に沿って調剤をします。もし患者さんの症状に適合する薬がない場合は独自に製剤する必要もあります。

次に服薬指導です。患者さんが処方される薬を正しく服薬できるように一つ一つを説明していきます。薬の効果、飲み方や注意点などを伝える必要があるので、薬の基本的な知識が求められます。時にはチーム医療にも加わり、医師や看護師と協力しながら患者さんに必要とされる薬の情報を伝えます。また薬物治療をされている患者さんにはデータを基にして効果や進行状況などを伝えます。

注射剤調剤は効果が非常に強く、直接血管に投与されるため細心の注意が必要です。クリーンルームと呼ばれる無菌調剤室で調剤が行われている病院もあります。患者さんの検査値、年齢、体重などあらゆる数値や状況を考え、適切な投与量や投与速度が確認されます。最近では調剤や管理を全てコンピューター制御する病院も増えています。

薬物治療モニタリングでは薬物治療をしている患者さんに薬が効果的に作用しているか、副作用がでていないかなどをチェックし、医師と協力して最善の薬物療法を考えていきます。特に抗生物質や免疫抑制剤などを投与する際には重要になる業務です。

また医薬品も常に進歩し新薬が出されています。新薬やあらゆる薬の情報収集、整理、評価をするのがDI業務です。薬と医師、看護師のパイプ役となりできるだけ早く正確な情報を医師に伝える必要があります。定期刊行誌などを病院内で発行しているDIセンターもあります。

救命救急業務に携わる病院薬剤師もいます。救急搬送されてくる患者さんの容態を確認しふさわしい薬の投与量や投与方法を確認、調剤していきます。小さなミスが患者さんの命に直接かかわるため、細心の注意が必要とされる業務の一つです。

病院薬剤師になることで、多くの患者さんと接することになります。自分たちが調剤、製剤する薬によって病気が回復していく様子を見られるのは大きな喜びです。今後は専門性を持つ薬剤師が必要とされることが予想されます。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.