病院における薬剤師レジデント制度

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 病院における薬剤師レジデント制度

薬剤師のレジデント制度を導入する病院が急増中!

ここ数年の間に薬剤師のレジデント制度を構築する病院が急増しています。レジデント制度を活用することで、専門性に富む薬剤師として活躍していく道が開かれます。

薬剤師のレジデント制度とは、米国の制度を参考にカリキュラムが組まれています。病院で薬剤師として働きながら研修を受け、薬学に関する知識を伸ばしていきます。初年度は一般的な領域を幅広く学び、2年目は更に進んで専門的な領域を学ぶ研修プログラムを組んでいる病院が多くあります。これにはがん治療や感染制御、精神科など専門薬剤師のための教育が含まれています。ある分野に特化した専門薬剤師になることを目標にしているならば是非活用したい制度です。

大学薬学部に在籍時にも医療や薬学などに関してあらゆることを学びましたが、それらも薬剤師の業務のなかのほんの一部に過ぎません。それでレジデント制度の2年間を活用しより一層、実践力をもち高度な業務を行える有能な薬剤師を育てることを目標としています。

これまで薬剤師の研修制度を設けていた大学病院や民間病院もあり、研修生が病院側に研修費を支払っていましたが、レジデント制度の場合は薬剤師に給与が支払われるので、薬剤師として働きながら研修プログラムを受け今後必要とされる知識やスキルアップをめざすことができます。

レジデント制度を活用して薬剤師として働く場合、病院側からは給与以外にも様々な手当や待遇を受けることもできます。社会保険や厚生年金、雇用保険、交通費、福利厚生を設けている病院もあります。

一般的に薬剤師のレジデント制度は求人サイトやコンサルタント会社から紹介されるものではなく、自分で探す必要があります。薬学生であれば大学などに送られてくる病院の募集要項などを確認して見ることができます。また幾つかの病院や医療機関のホームページなどにもレジデント制度を採用している所では、要項や募集時期などを記載していることもあるので、事前によく調べてみることができます。

医療の現場で薬剤師として活躍するためには、常に最新であり高度な知識や能力が求められます。薬学生として学ぶ6年間の知識も非常に大切ですが、実際の病院で薬剤師レジデントとして2年間働くことで得られる経験や刺激は学生時代のものとはまた異なっています。今後はレジデント制度を採用する大学病院や総合病院は一層増加する傾向があります。総合力や専門性を身に着けたい薬剤師には是非活用して頂きたい制度です。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.