中途採用でおすすめ病院の探し方

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 中途採用でおすすめ病院の探し方

中途採用で病院を探す際のポイントをご解説

病院薬剤師として働くことが、薬剤師としての経験や知識を成長させるためには一番良いと考えられています。それはドラックストアや調剤薬局での勤務に比べて、あらゆる症状の患者さんに対応することになり、結果的に医学に関する専門的知識を深めることができます。医師や看護師などとチーム医療に参加できることも人気を集めています。

一般的に中途で病院薬剤師に転職するのは難しいとされています。それは新卒者の採用枠ですぐにいっぱいになってしまうため、中途採用の空きが出ることがほとんどありません。とりわけ急性期病院の場合は、より沢山の患者さんや様々な症例に接する機会となるため若い薬剤師には人気のある求人です。一方で慢性期病院の求人は比較的容易に見つけることができます。急性期病院に比べてみると、同じ症例に対する調剤や製剤のため、毎日同じことをする繰り返しと考える薬剤師が多いためです。学生時代に急性期病院で研修を経験するため、急性期病院を選択する学生も多いようです。

しかし急性期病院で薬剤師勤務する方法もあります。希望している病院で欠員がでた時に応募することが最も効果的な方法です。病院薬剤師の求人募集を探すには、1年の中でも3月上旬が狙い目とされています。3月の上旬は薬剤師の国家試験があるため、病院薬剤師として内定していた薬学生が国家試験に不合格だったため内定を辞退することがあります。薬剤師の国家試験合格率はここ数年下がっていますので、病院薬剤師に転職を考えている方にとってはポイントとなる時期です。

せっかく病院薬剤師に転職できても、実際に働いてみると自分の希望していた職場環境ではなかったとしたら非常に残念です。それで、中途採用で病院薬剤師に転職を考える場合、病院見学に行くことがすすめられています。そうすることで、業務内容だけでなく職場の人間関係や雰囲気を知ることができ転職後もストレスを抱えることなく働くことができます。

病院薬剤師はドラックストアや調剤薬局の薬剤師に比べて、収入面では低くなる可能性があります。また夜勤や休日勤務などを担当する可能性もあります。それでも、薬剤師としてのスキルアップを考えた時に病院薬剤師に転職することを希望する薬剤師が増えています。特に患者さんと接することで医療に携わっているという意識がさらに高まり、仕事のやりがいや充実感を感じることができます。慢性期病院であっても、薬剤師の知識や経験をさらに積むことができますし、給与や福利厚生の面ではある程度待遇の良い条件を見つけることができます。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.