病院勤務の薬剤師の平均給料は?

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 病院勤務の薬剤師の平均給料は?

病院勤務の薬剤師の平均給料は?

調剤薬局、ドラッグストア、病院等など薬剤師が活躍する職場は複数ありますが、それらを全てまとめて平均すると、薬剤師の年収は約500万円と言われています。これは月収に換算すると約37万円、時給に換算すると約2000円となり、これが全薬剤師の平均給料ということになります。しかし実際には職場によってかなりの差があり、年収にすると300万円もの開きが出ることもあるため、給料の面ではどこに就職するかが大きな差を生むことになります。では気になる病院勤務の場合の年収はどのようなものなのでしょうか。

病院薬剤師の場合、その年収は約400万〜600万円と言われています。ということは全体平均の500万円と同じと言えそうですが、実は調剤薬局やドラッグストア勤務の場合の最高額が700万円以上であるのに対し、病院勤務の場合の最高額は650万円まで。つまり収入アップの可能性という点では病院より薬局勤務の方がまだ有利と考えられるのです。更に収入だけを考えれば製薬会社などに勤務すれば更に高収入が得られる可能性がありますから、単に収入だけを目的にするなら、病院よりもドラッグストアや製薬会社に就職することをお勧めします。

勿論就職する病院の規模や勤務年数にもよりますし、更には管理薬剤師に昇格すればそれなりの年収アップが期待できますが、全体としてはやはり水準は低めですし、しかも勤務時間や仕事内容のハードさの割に合わないという意見もよく耳にします。やはり病院勤務を希望する薬剤師の多くは、給料よりもその仕事内容に魅力を感じているようです。

それでもやはり生活していかなければならないのは事実ですから、病院に勤務しながら尚且つできるだけ高い給料を貰いたいというのは自然な願いです。その場合、やはり規模の大きい病院の方が給料も高い傾向にあるため、大学病院や総合病院などから探すと良いかもしれません。また同じ給料でも手当てや福利厚生が充実していれば結果的に高収入に繋がる場合もあります。住宅手当や残業手当、通勤手当などの有無を確かめておくことも大切でしょう。更には資格手当てとして与えられる薬剤師手当てや、管理薬剤師などの役職に就くと支給される役職手当、更には経験年数が評価される職能手当てなどが手厚く準備されているところであれば、基本給は他と変らないように見えても年収の総額はずっと高くなる可能性があるでしょう。

そういった病院の情報は転職サイトに登録することで見つけることができます。比較しても判断が難しい場合には、エージェントに相談することもできるでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.