病院勤務の魅力はスキルアップできる点

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 病院勤務の魅力はスキルアップできる点

病院勤務は他の職場に比べスキルアップしやすい環境に!

薬剤師としてのスキルアップを考える場合、調剤薬局やドラックストアではなく病院薬剤師を職場として選ぶことが近道となります。一般的に病院勤務は薬剤師の年収が他の職場に比べて安いと考えられています。初任給をドラックストアと比較すると約200万円前後の差が出る場合もあります。また勤務時間や休日が取りやすい調剤薬局と比べると病院薬剤師は夜勤があったり、残業があったりと身体的にも負担がかかると思われがちです。しかし病院薬剤師は特に若い薬剤師に人気があります。それはスキルアップができるからです。

病院薬剤師の基本的な業務内容は調剤・製剤業務や患者さんに対する服薬指導などがあります。また新薬などの情報収集などのDI業務と呼ばれる、どちらかといえば事務的内容のものまで多岐にわたります。

なぜ病院業務がスキルアップにつながるかというのは、調剤薬局やドラックストアに比べて患者さんに接する機会も多く、あらゆる症例に対応することになるからです。調剤薬局の場合は医師が出す処方箋に沿って調剤し服薬指導するのが基本的な業務になります。実際に患者さんの症状や検査データを見ながら、処方する薬を医師と協力しながら考えることはまずありません。また注射剤調剤なども行う機会はほとんどないでしょう。

特に病院勤務の中でも、急性期病院での勤務を希望する薬剤師は非常に多くなっています。急性期病院では、常に新しい患者さんに接するので慢性期病院以上に多くの経験を積むことができるとされています。薬学の幅広い知識を取り入れ得ることもできますし、専門性の高い薬剤師にスキルアップできる環境です。また医療の現場に立ち会うため、自分の調剤、製剤した薬で回復していく患者さんの様子を見ることもできるので仕事にやりがいを見出せると考える薬剤師も少なくありません。

病院勤務の中でも独立行政法人である国立病院に勤務するなら、数年ごとに同じブロック内の病院をローテーションして勤務するため民間病院よりも更にスキルアップする環境といえます。その病院によって治療方針や専門とする診療科目も異なるため、あらゆる状況に対応できる薬剤師としてスキルアップすることが可能です。国立病院の求人募集は余りないとされていますが、根気強く探すことで自分の希望に合う病院を見つけることができるかもしれません。

病院薬剤師は年収が安いと言われますが、勤務年数や経験に応じて昇給も可能です。そして生涯年収で考えると、調剤薬局などでの勤務と大きな差はありません。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.