薬局と病院で生涯年収はどれくらい異なる?

薬剤師求人病院TOP >> 基礎知識 >> 薬局と病院で生涯年収はどれくらい異なる?

薬局と病院で生涯年収はどれくらい異なる?

薬剤師としての免許を持っていても、職場によって収入は異なります。調剤薬局、ドラックストア、製薬会社、病院薬局などで活躍する薬剤師の平均年収は約500万円程度とされています。

病院薬剤師の場合、平均年収は500万円前後とされています。しかし新卒で病院勤務をする薬剤師の相場は月給約20万から25万円程度、年収は約350万円程度と平均よりも下がってしまいます。大学病院などでは公務員の給料形態に準じた形で支給されるため、初任給は民間病院に比べてさらに安く設定されています。しかし大学病院の薬剤師として勤務を続けるなら、生涯年収はかなり高くなります。また病院の中には夜勤業務や救急救命などに携わる薬剤師もいます。そのような場合は夜勤手当も支給されるため、月給40万円以上も可能です。年数と経験を重ね、薬局部長や医局長などの役職に就任することができれば、それに比例して年収も上がっていきます。

調剤薬局で勤務する薬剤師の場合、仕事内容は病院勤務に比べて少なく、土日に休日を取ることも可能です。薬剤師としては職場環境が良いことや、プライベートの時間をしっかりと確保できるゆえに人気の職場ともなっています。

調剤薬局の薬剤師の初任給は約20万から30万円程度です。約10万円の差があるのは、勤務する地域が大きく関係しています。医師同様に、ここ数年は薬剤師不足とされています。そのため、都心部でも多くの求人募集があります。薬剤師が比較的多くいる地域や交通のアクセスが良い地域では給料は安く設定されています。しかし地方都市に行くとさらに薬剤師不足の影響で高収入の調剤薬局もあります。平均年収は約500万円前後が相場です。

病院勤務と調剤薬局勤務を比較してみると、新卒時は調剤薬局で働く方が収入は高いです。しかし、生涯年収で考えてみると病院勤務では様々な役職に就くことで月給、年収は上がっていきます。大学病院などで働く薬剤師の場合は顕著にその違いを見ることができます。一方調剤薬局で働く薬剤師は年収の伸びは、病院勤務に比べて少ないです。もし認定薬剤師や専門薬剤師などの資格を取得することができれば、薬局によっては収入が上がることもあります。

薬剤師は他の職業に比べて、長く働くことができる職業です。一般的には60歳で定年ですが、病院や薬局によっては定年制がないところもあります。もし60歳を過ぎても働き続けることができれば、その分生涯年収は増え続けていきます。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.