年収500万円以上の病院求人

薬剤師求人病院TOP >> 条件別 >> 年収500万円以上の病院求人

年収500万円以上の病院求人

薬剤師は国家資格であり、薬学のスペシャリストという高い専門性とスキルをもった仕事ですが、その平均年収は500万円、月収にすると約37万円、時給にすると約2000円と、他の一般的な職種と比べてそれ程高額というわけではありません。特に病院勤務は薬剤師の仕事の中でも年収が低めになり、新卒なら年収300〜350万円。これは初任給で20〜25万円という計算になりますから、その仕事のハードさから考えても割に合わないと感じるかもしれません。では病院勤務で薬剤師全体平均の年収500万円というのは難しいのでしょうか。

実は病院薬剤師の平均年収も500万円と言われていて、前述と矛盾するかのように思えるかもしれませんが、これはそれ程に勤務先と病院内におけるポジションによって収入にも幅があることを物語っています。国立病院や市立病院などでは公務員給料に準ずる給与体系となるためそれほど高収入は期待できないにしても、平均的な年収500万円程度は確保できますし、地方の病院などでは更に高収入になることもあります。また新卒で年収300万円だったとしても、そこから長く勤務し薬剤師としての経験を積んでスキルアップしていけば、徐々に給料も上がって年収500万円に達することも十分ありえるわけです。実際、統計によると病院勤務の20代の薬剤師の年収で約400万円、30代で約500万円となっています。

このように考えると、年収500万円を提示している病院の求人を見つけるのはそれ程難しくないように思えます。実際求人サイトを閲覧してみると、年収400万円〜500万円と提示しているところは少なくありません。ただしこの場合やはりスタート時点では年収400万円になると考えておいた方が良いでしょう。そこから勤務年数や実績が考慮され、徐々に年収500万円に近づいていくと考えられます。勿論その働きが良ければ、それが認められて年収500万円以上になることも可能でしょう。

年収500万円にこだわりつつ尚且つ病院勤務を探すのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。エージェントの持つ求人情報の中から、希望の年収条件に比較的近い求人を紹介してもらえる可能性があります。特に特別な経験やスキルのある薬剤師が求められていて求職者がそれに当てはまるのであれば、最初から希望通りの給料を受け取ることができるかもしれません。一般公開されている求人情報だけではそのような情報を得にくい為、やはりエージェントを利用する方が手っ取り早いと言えるでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2016 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.