年収600万円以上の病院求人

薬剤師求人病院TOP >> 条件別 >> 年収600万円以上の病院求人

年収600万円以上の病院求人

日本における全薬剤師の平均年収の最低ラインは400万円程度と言われていますが、そこから最高額までは約800万円、2倍の開きがあることが分かります。平均年収が最も高いのは最高額が約800万円の製薬会社、次に最高額700万円のドラッグストア、650万円の調剤薬局と続くのですが、病院勤務に関して最高年収額は約600万円、薬剤師の職場としては最も低いところと考えられます。実際病院勤務の求人を見てみても、大体年収は400万円〜となっており、最高でも500万円として求人しているところが殆どでしょう。最初から年収600万円を提示している病院を見つけることはまず不可能です。ただ、年収600万円以上かどうかは別として、地方の病院では薬剤師が不足している為、都市部の病院と比べると給与を高く設定していることが多いようです。

では病院薬剤師として年収600万円に達するにはどうすれば良いのでしょうか。まず個人で転職先を探す場合ですが、知り合いや先輩後輩などのコネを使って、高収入が期待できる病院を紹介してもらうという方法があります。勤務前から病院内の状況や収入について知ることができるので、「こんなはずじゃなかった」というような結果を回避することができます。ただし高収入が期待できるような病院を紹介してもらえる可能性はそう高くはないでしょう。

自分自身で病院を探す場合、求人情報誌や折り込みチラシなどのツールに頼ることになりますが、そのような一般公開されている求人で年収600万円を期待できるような情報を得ることは難しいと考えられます。高額収入の情報ならあっという間に応募者が募って求人は締め切られてしまうでしょう。それよりも可能性があるのは、経営状態が良好と見られる規模の大きな病院へ足を運び、薬剤師の人数や勤務状態を観察して実は薬剤師の転職者を探していないか直接聞いてみることです。これも可能性は低いとはいえ、偶然見つかれば最初からある程度高収入を期待することができます。

もっと確実なのは、転職エージェントに依頼することです。例え転職エージェントでも最初から高収入を約束している病院をそう簡単に紹介することはできないかもしれませんが、例えば求職者に特別な経験や能力があれば、その点をアピールし給与面で有利になるように交渉してくれる可能性があります。例えばスタッフ管理や医師との交渉・薬に関する提案などの他の薬剤師には難しい仕事もできるのであれば、その点は強いアピールポイントになり、高収入に繋がるかもしれません。求人側と求職者側が利害一致に至るのを助けるのも転職エージェントの仕事の一つなのです。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2016 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.