年収700万円以上の病院求人

薬剤師求人病院TOP >> 条件別 >> 年収700万円以上の病院求人

年収700万円以上の病院求人

病院に勤務する薬剤師の平均年収は400万円〜600万円。年収700万円に達するのは病院よりもドラッグストアや製薬会社などの職種で、病院勤務でそのような高収入を約束している求人を見ることはまずありません。しかし一般公開されてはいないものの、年収700万円まで昇給する可能性のある病院は存在します。それは国立病院や地方自治体病院といった公務員に準ずる給与体系を取っている病院です。そう、公務員薬剤師になれば、年収700万円以上が期待できるのです。

ところが一般公開されている求人を見てみると、その初任給はそう高いものではありません。むしろ民間の総合病院などの方が高く設定していることが多いでしょう。それで初任給だけに目を向けるとついつい民間病院を選択しがちですが、実は民間病院は初任給こそ高めに設定されているものの、その後の昇給幅が小さく、またある一定の年齢までしか定期昇給を約束していない場合が多いのです。その為その後は出世のみで昇給するわけですが、そもそも民間病院の中には薬剤師の管理職自体を設けていないことさえあり、そうなると昇給は頭打ちになってしまいます。その点、公務員薬剤師なら初任給こそは低めに設定されているものの、その後年齢と共に順調に昇給してゆき、しかも扶養手当など公務員としてもらえる手当ても付くため、年収700万円を超えると期待できるわけです。ちなみに退職金に関しても公務員に準ずるため2000〜3000万円が期待できます。

では民間の病院に勤務するサラリーマン薬剤師には、年収700万円を望むことは難しいのでしょうか。確かに求人は少なく難しいのですが、実は管理薬剤師として雇ってもらうという方法があります。管理薬剤師とは薬剤師と管理者という2つのポジションを兼任する仕事で、薬剤師法、薬事法、医療保険や診療報酬などの深い知識が求められると同時に、専門知識を持った他の薬剤師たちをまとめていく管理能力が必要とされます。大抵はその病院で3年以上の勤務経験を経てから、その能力と信頼性が買われて管理薬剤師となるものですが、中には少数ながら最初から管理薬剤師を募集している求人もあります。

管理薬剤師になれば役職手当がつきますから、通常の収入+数万円が支給され、年収で見ると平均600〜700万円ほどになります。勿論職場が国立病院や地方自治体病院であれば更に右肩上がりに給料が上がっていくと期待できるでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2016 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.