大学病院の薬剤師求人事情

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 大学病院の薬剤師求人

大学病院の薬剤師求人事情

病院勤務を希望する薬剤師にとっても、勤め先の候補は幾つかあります。民間病院であれば、国立病院などに比べると高い給料が支給されます。病院薬剤師としてのメリットを最大限活用するには、大学病院での勤務がよいと考えている薬剤師が多くいます。

大学病院で働く薬剤師は調剤業務を始め、注射薬調剤、薬品管理、薬物管理指導、治験管理など多岐にわたります。調剤薬局などのように単に処方箋をこなすだけの勤務ではないゆえに、スキルアップするためには恵まれた職場環境といえます。調剤業務であっても、患者さんの用法や用量、相互作用などあらゆる観点から考えて調剤を行うため、仕事にやりがいを感じることができます。大学病院によっては薬剤師が救命医療チームや院内感染対策チームに常駐し、チーム医療の一端を担えることもあります。

一般的に国立大学病院に勤務する場合は、公務員として勤務するため給与形態もそれに準ずることになります。初任給は約20万円前後と調剤薬局やドラックストア、民間病院などに比べても低いのが現状です。しかし、昇給もあり、平均年収は約600万円前後が相場です。また将来的に役職に就くことや、退職金などを考えると安定して高給料を得ることができます。私立大学病院であれば、病院ごとに募集要項が異なるため、よく確認してみることが必要です。

大学病院の場合、基本的には採用枠は新卒者で埋まってしまいます。国立大学病院であれば系列大学からの新卒薬剤師を採用するため、中途採用の求人を見つけるのは簡単ではありません。少ない大学病院での薬剤師勤務を見つけるためには、こまめに求人情報を確認し、見つけたら素早く応募することが大切です。求人情報が少ない大学病院の薬剤師ですが、1年の中で1月〜3月頃には求人募集が出される傾向があります。内定をもらっていた薬学生が、薬剤師の国家試験に不合格になることや、それまで勤務していた薬剤師が配偶者の転勤などの理由で4月には引っ越すなどの理由で中途採用枠が生じます。大学病院での勤務を希望する薬剤師には狙い目の時期となります。

薬剤師を生涯の仕事としようと考える場合、大学病院で働くことが様々な経験を通してスキルアップでき有能な薬剤師に成長できます。働きはじめたころは給料が低いことや、業務内容が多岐にわたることなどに慣れる必要はあります。しかし薬剤師としての充実感ややりがいを日々感じることができる職場といえます。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.