療養型・慢性期型病院の薬剤師求人事情

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 急性期型病院の薬剤師求人事情

急性期型病院の薬剤師求人事情

薬剤師が活躍できる職場にも、病院やドラックストア、調剤薬局、製薬会社など幾つかあります。給与面を第一に考えると製薬会社やドラックストアでの勤務が有利になります。また福利厚生や休暇・勤務時間などを考えると調剤薬局が好ましいといえます。しかし薬剤師としてのスキルアップや専門性を深めることを考えると、病院薬剤師になることを希望する薬剤師が多くいます。多くの薬剤師が病院薬剤師としての仕事にやりがいを感じていることも事実です。

病院薬剤師にも2つの勤務先があります。急性期病院と慢性期病院です。2つを比べてみると急性期病院での勤務を希望する薬剤師が圧倒的に多いのが現状です。その理由は、より多くの患者さんに接し、あらゆる症例を診るため薬剤師としてのスキルアップができるためです。また慢性期病院よりも医師や看護師と共にチーム医療に携わることができ、薬剤師として投薬治療やカンファレンスに参加することで仕事のやりがいや充実感を感じる機会がより一層増えます。

病院薬剤師、特に急性期病院の薬剤師として勤務することは人気がある分、求人募集もドラックストアや調剤薬局に比べてそれほど多くはありません。とりわけ、国公立病院であれば系列の大学医学部からの卒業生で新卒採用は占められることがほとんどです。それで病院薬剤師になる最も良い方法は系列病院のある国公立大学に進学することといえます。中途採用は殆どなく、求人募集が出されても応募が殺到し倍率が数百倍になることもあるため、不可能ではありませんがかなり狭き門となっています。

民間病院や中小規模病院であれば国公立病院よりも求人は比較的多くあります。十分に薬剤師の専門知識を深める機会もありますし、臨床経験を通してドラックストアや調剤薬局では得ることが難しい知識を得ることも可能です。また1年の中でも1月〜3月は求人募集を見つけやすい時期となり狙い目です。理由としては、内定をもらっていた新卒薬学生が国家試験に不合格になることや、配偶者の転勤のため退職することなどがあります。もし希望する急性期病院があるなら、求人募集がないかを問い合わせてみることができます。

病院薬剤師、特に急性期病院での勤務は忙しく体力的にも精神的にも負担に感じることもあります。しかし薬剤師としての基礎をしっかりと築き、専門的知識を得るためには恵まれた職場環境といえます。求人募集が限られているととはいえ、転職も不可能ではありません。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.