精神科病院の薬剤師求人事情

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 精神科病院の薬剤師求人

精神科病院の薬剤師求人事情

最近、薬剤師の間で注目を集めている診療科目が精神科です。精神科での治療は主に薬物治療になるため、薬剤師の果たすべき役割は大切です。また患者さんとのコミュニケーション能力も求められ、病院薬剤師のなかでも人と接しながら行う業務が多くなります。患者さんが服薬することの効果や副作用なども観察することもあり、一人の患者さんと関わる時間も多くなります。

精神科の薬剤師は抗鬱剤や精神安定剤、睡眠導入薬など通常処方される薬とは異なり服薬方法を間違えると命に関わる薬を調剤することになります。そのため、精神科薬物治療法認定薬剤師であることが求められます。認定薬剤師になるためにはまず3ヵ月間の研修と講義を受講し、最終試験に合格し認定薬剤師になることができます。その後も3年ごとに認定薬剤師の更新をするために研修を受ける必要もあります。精神科の薬剤師は常に最新の薬学知識や技術が求められています。

精神科の薬剤師としての活躍を考える方は、精神科の病院や総合病院の精神科、最近では救急型の精神科病院で求人が増加傾向にあります。今後は精神科薬剤師の需要は更に高まると考えられています。給料面では働く病院の形態にもよりますが、平均年収は約500万円前後が目安になります。

精神科病院で勤務する薬剤師にはもちろん、広い薬学知識が求められます。他の診療科目とは違う薬を扱うことが多くなります。また冒頭で述べたように、高いコミュニケーション能力を必要とされます。医師や看護師との連携をとるためにも必要ですし、特に重度の精神病の患者さんとの接し方には、その患者さんに合わせて意思疎通をとる必要があります。そうすることで、正しく薬を服用してもらうことができ最終的には回復へと向かっていきます。そして、強い精神力も不可欠です。毎日何十人もの精神病の患者さんと関わるので、自分の精神状態が不安定になってしまう薬剤師もいます。いつでも心身ともに健康であることが精神科病院で薬剤師を長く続けるためには大切です。

ここ数年、精神科病院の薬剤師が注目されている理由には仕事のやりがいにあります。患者さんの症状にもよりますが、精神病の場合、正しく服薬することで回復傾向に向かう確率は非常に高いと言われています。他の診療科よりも患者さんと密になるため、患者さん一人ひとりが元気になり、以前と同じように生活できている様子を見られるのは大きな喜びであり、やりがいにつながります。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.