婦人科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 婦人科の薬剤師求人

婦人科の薬剤師求人

女性特有の疾患を扱う処方箋科目が婦人科ですが、基本的に婦人科のみのところは少なく、産科と合わさった産婦人科として運営されている場合が殆どです。産婦人科と聞くと出産をメインに不妊治療や時には堕胎などを扱う科目というイメージが強いかもしれませんが、加えて近年子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣腫瘍、乳がんなどの罹患率が高く、これらの疾患のために来院する患者さんたちも後を断ちません。また性感染症や更年期障害に悩む女性も訪れる為、婦人科系疾患と言っても実に様々な病気を取り扱うことになります。

特に婦人科系の薬は特別なものであることが多い為、病院内に薬剤師を置いてその処方の元に薬を手に入れられるようにしている病院は少なくありません。従って婦人科への転職を希望する薬剤師は、求人を見つけるのに苦労することは殆どないと思われます。確かに産婦人科の薬は特殊であるため専門的な知識が求められますが、もともと薬剤師の場合ある処方箋科目のみを専門的に学ぶということはないので、慣れてしまえば産婦人科でも十分戦力になります。しかし勿論以前にも婦人科で働いていた職歴があれば、その方が有利になりますから、転職活動の際には是非アピールしてください。

産婦人科における薬剤師の仕事の基本は勿論薬の調合と管理ですが、加えてデリケートな病気であるためにメンタル面でのケアや配慮も欠かせません。重度の子宮がんや卵巣がんなどを別にすれば、患者さん本人の命に関わるような疾患は比較的少ないのですが、それでも例えば流産や妊娠中絶、どれだけ不妊治療に励んでも成果が見られない場合など、患者さんの心に大きなダメージを与えることも少なくない職場であるだけに、相手の気持ちによく配慮を払えるようでなければなりません。患者さんを励ましながらホルモン剤や痛み止めなどの薬を処方することになりますが、薬の効果が見られない時には他の薬に変えてみる必要がでてくることもあり、患者さんへの丁寧な説明も求められることになります。また個人情報やプライバシーへの気遣いが他科以上に必要になるのも婦人科の特徴です。

基本的に産婦人科の場合、患者さんへの配慮もあって女性医師が担当し看護師も全て女性という職場である場合が殆どです。従って薬剤師も女性が求められることが多く、また実際患者も含めて女性しかいない環境ですのでセクハラなどの心配がないことから、女性薬剤師にとって働きやすい職場となります。独特の雰囲気を持つ科目ですが、既に経験のある人、そのような特殊な環境が良いという人は是非婦人科に限定して転職先を探してみてください。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.