眼科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 眼科の薬剤師求人

眼科の薬剤師求人

眼科勤務の薬剤師に絞って求人を探してみると、他の処方箋科目と比べてもかなり数が少ないことが分かります。そもそも眼科という科目自体やや特殊であり、例えば他科で経験を積んだ看護師であっても眼科では戸惑ってしまうことも少なくないのだとか。眼科における薬剤師という立場も内科や外科などと比べる特殊なものであり、他科と比べるとそれ程の需要はないようです。しかしだからといって眼科勤務の薬剤師が全く不要というわけではありません。眼科に訪れる患者さんには、白内障や緑内障のような比較的年配の人が罹りやすい疾患の他にも、コンタクトレンズなどによる角膜の病気、ドライアイ、ウィルスや細菌による感染症、花粉症に悩まされる人たち、更には近年レーシックを受けにやってくる人も多く、幅広い年齢層の患者さんに必要な薬を提供しなければなりません。医師の処方に従って、抗菌薬や抗ウィルス薬、ステロイド剤、アレルギー薬、血管強化薬など多岐にわたる薬を、点眼薬や内服薬、点滴や注射薬として調剤するわけです。

また医師や看護師と同様に、薬剤師にも患者の不安や心配事をよく聞いて安心させてあげる、メンタルケアが求められます。特に目の手術が必要な場合、デリケートな部分だけに他の部位と比べてもその不安は非常に大きなものになります。痛みへの不安や失明への不安を抱える患者さんが安心して治療を受けられるように、薬剤師という立場からの助言や安心させる言葉が必要になることも多いのです。

しかし眼科勤務にはそれ特有のメリットもあります。まず眼科の求人を見てみると分かるとおり、日勤のみで夜勤や当直の必要のない病院が比較的多い点が挙げられます。これは眼科の患者さんの多くは入院の必要がないため、外来のみを扱うクリニックが多いからでしょう。都合上夜勤や当直ができない人、プライベートの時間を大切にしたい人にとって眼科は理想的な職場になるでしょう。また個人で開業し地域に密着している眼科が多いため、患者さんとのふれあいを大切にしたい人にもお勧めですし、更には移動による転勤がないという点もメリットになります。

眼科勤務を望むのであれば、その数の少なさから言っても転職エージェントを利用するのが近道でしょう。中には積極的に募集をしているわけではなく、「もし条件のあう薬剤師がいたら紹介して欲しい」というような待ちのスタイルで転職エージェントに登録している眼科もあります。このような病院は自分で探し出すことが難しいため、エージェントに頼ることでそのような非公開の求人を見つけることができるかもしれません。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.