皮膚科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 皮膚科の薬剤師求人

皮膚科の薬剤師求人

どんな処方箋科目でも薬が処方されますが、その中でも特に薬による治療に重きを置くのが皮膚科です。特に皮膚科は内服薬以上に外用薬が処方されることが多いのが特徴で、それらの医薬品を扱うために薬剤師が求められています。しかも近年添加物や環境の変化などにより人々の体質が変化し、薬品アレルギーを持つ患者さんの数が増えたため、一般の処方薬ではアレルギーを引き起こしてしまう可能性が懸念されるようになりました。これにより処方薬は病院内で直接調剤され提供される必要が大きくなっています。このこともあって、院内に薬剤師を求める皮膚科の求人は増えており、皮膚科への転職を希望する薬剤師が求人情報を見つけるのは難しいことではなくなりました。

では皮膚科で働く薬剤師にはどのようなことが求められるのでしょうか。前述の通り、皮膚科は医薬品による治療が主なものとなるため、その薬についての説明と指導が重要な仕事になります。特に外用薬の場合内服薬と比べて自己判断で使用してしまう患者さんが多いため、きちんと治療効果を得られるよう塗る回数や量、時間帯などをきちんと守ってもらうように指導する必要があります。また症状が軽くなった場合に薬の使い方を変える必要がでて来るため、その点についても予め伝えておく必要があるでしょう。このように、皮膚科では薬剤師の役割が非常に大きく患者さんとの意思の疎通は欠かせない為、コミュニケーション能力が高く人と接することが好きな人に向いていると言えるかもしれません。

皮膚科勤務のメリットとしては、まず患者の年齢層が幅広い為、様々なタイプの患者さんに対応することで経験を積むことができるという点にあります。例えば新生児なら乳児湿疹やオムツによるかぶれ、アトピー性皮膚炎やニキビで診察にやってくる10代の若者もいますし、高齢者では脂漏性皮膚炎の患者さんが多くなります。また命に関わる病気であることは殆どないため、病院内が明るく雰囲気の良い職場で働くことができるのもメリットです。

更に子育て中の薬剤師やプライベートを大切にしたい薬剤師にとっては、皮膚科は夜勤や当直の必要のない職場であることが最も大きなメリットになるでしょう。前述の通り命に関わる病気や手術を必要とする病気であることは殆どないため、病床のある病院は殆どなく、大抵外来やクリニックでの治療になるからです。病院勤務の殆どは夜勤や当直が必須になる中で、皮膚科は数少ない日勤のみの勤務と言えるでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.