泌尿器科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 泌尿器科の薬剤師求人

泌尿器科の薬剤師求人

内科や外科などと比べると受診した経験のある人は少ない泌尿器科ですが、病院やクリニックの数の多さからも分かるとおり、実際には需要の高い処方箋科目で、院内で働ける薬剤師を求人しているところも少なくありません。もともと外科の腹部領域として扱われており今でも欧米では外科の一分野として捉えられていますが、日本ではこれが泌尿器科として分離されました。文字通り泌尿器の疾患を取り扱うのですが、具体的には腎臓や膀胱に加えて男性生殖器系の疾患を診療することになります。ちなみに女性生殖器の疾患は婦人科の領域になるため、ここでは取り扱われません。訪れる女性患者の中で最も多いのは膀胱炎ですが、主に取り扱うのが男性生殖器であるため、どうしても大半が男性患者ということになります。

泌尿器科では普段他人に見せることのないデリケートな部分を診察してもらうことになるため、多くの患者さんは心配や緊張でストレスを感じて来院します。このことに配慮して、他の処方箋科目と比べると男性看護師を雇う病院が多いのですが、薬剤師に関しては必ずしも診察・治療中の様子を見る必要はないため、特に男性にこだわって求人をかけることはあまりありません。しかし患者さんの中には自分の疾患自体を恥ずかしがっている人もいるので、例え薬剤師でも女性だとやや戸惑ってしまうこともあるようです。

例えばクラミジアや性器ヘルペスなどの性感染症、インポテンツや不妊症といった疾患がそれにあたります。従って患者さんに対して薬を処方し服薬指導や生活指導を行う時には、患者さんの気持ちに配慮し少しでも気まずい思いを軽減できるようにしてあげましょう。親切に、そしてテキパキと仕事を行うのがコツです。特にインポテンツなどは精神的なダメージの大きい病気なので、不用意な一言で傷つけないように良く配慮しなければなりません。勿論これば男性の薬剤師にも言えることです。

このように特別な配慮が求められる職場ですが、泌尿器科では日帰り手術が多く、病床を持つ大きな病院というよりは開業医がクリニックとして経営している場合が多い為、夜勤や当直がないのがメリットです。夜勤のない職場を希望している薬剤師にとっては数少ない条件どおりの職場となるでしょう。出勤日や時間が安定しているので働きやすいですが、反面夜勤手当などは付かないため、できるだけ稼ぎたい人にはやや不満かもしれません。勤務時間を重視するか収入を重視するかによってメリットにもデメリットにもなりわけですが、これらの点は転職エージェントと相談すると良いアドバイスがもらえるでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.