耳鼻咽喉科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 耳鼻咽喉科の薬剤師求人

耳鼻咽喉科の薬剤師求人

中耳炎や鼻炎など耳や鼻、またそれらに密接に繋がっている喉に関して何らかの不快な症状が表れた場合に訪れるのが耳鼻咽喉科です。また最近では気管や甲状腺を含む咽喉部から頭蓋内まで範囲を広げてその疾患の治療に当たる病院も増え、それに従って扱う疾患の幅も広がっています。これらの疾患に対しても投薬治療が求められることが多い為、耳鼻咽喉科院内で勤務できる薬剤師を求人しているところも幾つかあります。その多くは外来専門のクリニックですが、総合病院内にある耳鼻咽喉科でも薬剤師を求人していることがあり、後述しますがそれぞれの特徴を理解した上で職場を選ぶ必要があるでしょう。

耳鼻咽喉科で扱う顔から喉にかけての病気と言っても、その内容は多岐に渡ります。耳の疾患であれば中耳炎や外耳炎、鼓膜損傷や難聴など。鼻の疾患であればアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嗅覚障害などが挙げられますし、咽頭炎や扁桃炎、咽頭癌など喉の病気も多種多様で、薬剤師はそれぞれに適した薬を処方しその使い方の指導をする必要があります。

特に花粉症の時期は普段そう忙しくないクリニックであっても患者さんで満室になることは珍しくありません。日本には杉が多く植えられているせいか2月〜5月にかけてスギ花粉による花粉症患者が多く来院するため、薬剤師を含め耳鼻咽喉科のスタッフはこの時期にはてんてこ舞いなります。命に関わる疾患ではないとはいえ、患者さんは花粉症でストレスが溜まっていますし、混んでいる病院では医師も対応に追われるためイライラしてしまうことがあります。それで間に立つ薬剤師として、正確で冷静かつスピーディに仕事をこなさなくてはならないでしょう。

総合病院の中にある耳鼻咽喉科の場合には、手術を伴う治療も施されるため入院患者への対応が含まれます。従って夜勤を含むシフト制の勤務になることは必須ですが、一人ひとりの患者さんと長く接することになる為、患者さんとのふれあいを大切にしたい人にはやりがいのある職場になると考えられます。逆に外来のみを扱うクリニックの場合には夜勤や当直がなく日勤のみの勤務となりますが、患者さん一人ひとりと触れ合う機会は病院と比べると少なくなります。しかしその分幅広い疾患を取り扱うことができますから、沢山の症例と出会いたい薬剤師にとっては理想的な職場になるでしょう。選ぶ職場によって勤務体系や仕事の仕方にバリエーションがあるのは耳鼻咽喉科のメリットと言えるかもしれません。いずれにしても転職エージェントを利用して希望を伝えておくと条件どおりの職場を見つけることは難しくないはずです。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.