呼吸器科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 呼吸器科の薬剤師求人

呼吸器科の薬剤師求人

呼吸器科で扱うのは気管や肺、胸郭などの呼吸に関わる器官の疾患で、内科と外科に分かれています。内科では呼吸器感染症、気胸、肺結核、気管支喘息、肺気腫など、外科では縦隔腫瘍や外傷性気胸、自然気胸、そして肺がんなどを取り扱いますが、肺がんに関しては内科で取り扱う場合もあります。大まかに言うと内科では投薬治療、外科では外科治療を主としますが、呼吸器科と言うと一般に呼吸器内科を指すことが多いようです。特に薬剤師を必要とするのは内科の方で他の処方箋科目と比べて数は少なめではあるものの、一定量の求人を見つけることができます。では呼吸器科での薬剤師の仕事とはどんなものなのでしょうか。

呼吸器科における主な薬剤師の仕事は、患者一人ひとりに合わせて医師の処方する薬を調剤し、患者に提供、指導をし、その経過を見るというもの。この点は他科と変るところはありません。例えば気管支喘息にはステロイドや抗コリン薬、β2受容体刺激薬などが医師の判断によって処方されますし、肺がんの場合には投薬治療として1種類の抗がん剤のみを用いた単剤療法や複数の抗がん剤を組み合わせる併用療法、また癌の増殖や転移に関わる分子と結びついて作用する分子標的治療薬などが使用されます。また症状によっては麻薬性の鎮咳薬で咳を抑えたり、呼吸が止まり危険な患者さんに対しては呼吸興奮薬によって呼吸を復活させる処置がとられることもあります。これらの薬すべての調剤・管理が薬剤師に任せられるのです。

しかし薬剤師の仕事は、ただ薬と向き合っていれば良いというものではありません。呼吸器系の疾患は咳や胸の痛み、呼吸困難による息苦しさ、嘔吐など体力を奪う非常に辛い症状が出るため、患者さんへのメンタル面でのケアや配慮が求められます。投薬治療に用いられる薬がどんな作用をもたらすのか、どのように用いられるのかについてきちんとした説明をし、患者さんを安心させなければなりません。それでも時には辛さを訴えてくる患者さんもおり薬剤師の立場としてはどうしようもないこともあるため、精神的な負担を感じることもあります。その為、呼吸器科勤務を希望する人は精神的なタフさが求められるでしょう。

呼吸器科ではいつどのように患者さんの様態が変化するか分からないため、当直や夜勤は必須の職場となります。従って不規則な出勤が難しいという人は呼吸器科には向かないでしょう。ただし病院によってはシフトを組む際にある程度融通を利かせてくれるところもあるので、できるだけ規則的な出勤を望むのであればその旨を転職エージェントに伝えておくと良いでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.