精神科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 精神科の薬剤師求人

精神科の薬剤師求人

専門性の非常に高い精神科へ転職を希望する薬剤師は意外に多く、また受け入れる求人側の数も不足してはいません。と言うのも精神科に訪れる患者さんに薬を処方し服薬指導をするには特別な配慮と接し方が必要であり、一般の調剤薬局では対応しきれないため病院内に薬剤師を常駐させることが多いからです。しかし求人を見つけること自体は難しくなくても、その専門性の高さ故に仕事内容は非常に難しいと考えておいた方が良いでしょう。

まず精神科系の疾患の殆どは薬物療法がメインとなるため長期間にわたって薬が投与されることになり、良くも悪くも薬の影響が患者さんの治療経過を左右するものとなります。その上例え同じ病名の疾患でも人によって症状は様々で、その時の状態に合わせて薬の量を調整したり処方しなおしたりする必要があります。また退院後も継続的に治療を続けていく必要があるため、長期間にわたって同じ患者さんと接することになります。従ってコミュニケーション能力とカウンセリング能力、相手とその家族の気持ちへの配慮も欠かせません。

更に気をつけたいのは、自分自身のメンタルケアです。というのも、精神疾患を抱える患者さんと接する際に感情移入は必須なのですが、それ故に患者さんの感情にシンクロしてしまい、自分自身もうつ病になってしまうというケースが少なくないからです。従ってメンタル面で弱い人に精神科勤務は難しいと言わざるを得ません。感情的な境界線をはって割り切って仕事のできる人、相手の些細な変化に気づけるだけの精神的なゆとりを持てる人が向いていると言えます。

しかしこのような専門性の高さから、精神科勤務の薬剤師は他科と比べて通常より高収入になる傾向にあります。特に精神科専門薬剤師の資格を得ると、より専門性の高い薬剤師としてそれが給与に反映されるようになります。精神科専門薬剤師になるためには3ヶ月の研修と講義の受講の後、精神科学会で論文を作成し発表しなければなりません。それが認められれば晴れて精神科専門薬剤師となれるわけですが、その後も数年ごとに定期的な更新が必要となる為、非常にハードルは高く半永久的な努力も求められるでしょう。しかし元々精神科の分野に関心がある人にとっては楽しくやりがいのある仕事といえます。精神科専門薬剤師は薬剤師の中でも最も専門性の高い資格とみなされていますので、本気でキャリアアップしたい人が目指す目標としても最適と言えるかもしれません。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.