消化器科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 消化器科の薬剤師求人

消化器科の薬剤師求人

消化器科とは胃腸や肝臓、すい臓などの消化器系の疾患を治療する病院で、消化器内科と消化器外科に分けられます。まず消化器内科でレントゲンや超音波検査、内視鏡検査などによって疾患とその重軽度を特定し、内科での治療が可能と判断されれば薬を併用した治療が進められ、外科的処置が必要と判断されれば消化器外科に送られます。いずれにしても薬剤師が必要になる職場である為、院内で勤務できる薬剤師を求人しているところも少なくありません。

消化器科に訪れる患者さんの多くは吐き気や胃もたれ、腹痛などの症状を訴えてやってきますが、検査の結果比較的軽い疾患であることもあれば、気づかないうちに重い生活習慣病に進行していたということもあり、非常に広範囲にわたる疾患を取り扱うことになります。また癌が発症する部位の約60%は消化器官と言われるとおり、がん患者を多く扱う科目であるとも言えます。そのためその症状の一つ一つを良く理解して医師の処方に基づいて薬を調合し服薬指導をしていく必要がでてきます。重篤な患者さんに対してはメンタル面でのケアも必要になりますから、薬剤師としてのキャリアや経験を積むのに適した職場と言えるかもしれません。

特に消化器系に関係の深い疾患が生活習慣病で、その患者の数はいまだ増加傾向にあるため、薬剤師を含め消化器科で働くスタッフは常に多くの患者さんに対応していかなければなりません。生活習慣病の場合、薬による治療の前にまず生活習慣指導をする必要があり、例えば食事制限や禁煙、節酒、運動など治療に繋がる正しい生活習慣について提案することが求められます。患者さんによってはそれらの生活習慣の改善が受け入れがたい時もあり、何故必要か、どのように実践できるかについて丁寧かつ的確に伝える能力が求められるため、高いコミュニケーション能力は欠かせません。それでも症状が改善されないのであれば、薬物療法に入りますが、この際にも飲む量や回数、時間帯、そして例え症状が良くなってきたように思えても服用をやめず最後まで飲みきるようになどの細かい説明が求められるでしょう。

このように生活習慣病、特に癌といった重篤な疾患を含めて幅広い病気を扱う消化器科では、その分幅広い知識と経験が求められます。また病棟勤務になる場合が多いので、どうしても夜勤や当直を含むシフト制の仕事になるでしょう。日勤のみにこだわらない人、また患者さん一人ひとりと向き合う仕事がしたい人に向いている職場と言えるでしょう。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.