小児科の薬剤師求人

薬剤師求人病院TOP >> 処方箋科目別 >> 小児科の薬剤師求人

小児科の薬剤師求人

小児科医師が足りないことが社会問題になっていますが、同様に小児科で働く薬剤師も不足傾向にあります。その為子供の好きな薬剤師であれば小児科への転勤を希望することと思いますが、実際求人数は多いので条件に合った職場を見つけることはそう難しくはないでしょう。しかし求人を見つけることは簡単でも、その仕事内容はそう簡単ではありません。そもそも子供は病院が大嫌い。まだ我慢することを学んでいない子供を相手に治療すること自体簡単ではありませんし、そんな子供をなだめたりすかしたりしながら連れてくる親の方にとってもストレスは非常に大きなものでしょう。そんな患者さんたちを相手に薬を処方し服薬指導をするにも辛抱強さや良い判断力、包容力などが求められることになります。

また子供の場合体が小さい分、大人ではなんでもないような小さな誤差が体に大きな影響を与える可能性があります。従って調剤の際には細心の注意が必要で、0.1gの誤差もでないようにしなければなりません。その上子供は薬を飲むことが苦手ですから、飲みやすい様にシロップと組み合わせるなどの工夫が求められるのですが、その組み合わせも注意しないと、余計に飲みにくくしてしまうことがあります。そもそも処方される薬を飲むことができるかどうかまず親に確認を取る必要があるかもしれません。

飲ませても吐き出してしまったり口を開けようとしない子供に対しては、親にゼリーや他の飲み物に混ぜることで飲ませるなどのアイデアを提案してあげることもできますが、その際には飲み合わせに関しても注意しておかなければならないでしょう。また両親が共働きでお祖父ちゃんやお祖母ちゃんが孫を連れてくる場合に、薬の説明がきちんと親にまで伝わらないことがあったり、子供に薬を飲ませること自体が大変なため少し容態が良くなったのをきっかけに飲ませるのをやめてしまったりといった特有の難しさがあります。

このように特有の難しさを持つ小児科で働く薬剤師に必要な条件は、やはりまず子供が好きであるということでしょう。また子供の親と協力して治療にあたる必要がある為、高いコミュニケーション能力が欠かせません。更に子供は自分自身の体調の変化に気づきにくく、またそれを伝える能力にも乏しいため、子供の表情などの僅かな変化を見逃さない鋭い観察力も求められます。小児科に勤務する薬剤師には特有の能力が求められることになりますが、子供が徐々に回復し元気になって笑顔を見せてくれるようになる時、小児科ならではのやりがいと満足感を感じることができます。

病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

<病院薬剤師の基礎知識>

<条件別の求人>

<処方箋科目別の求人>

<病院種類別の求人>


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師求人病院.biz【※病院への転職を成功させよう】 All Rights Reserved.